公益財団法人河村芳邦記念青少年育成財団はひとのくに山口で次代を担う青少年の健全な育成を応援します

 

ごあいさつ

 公益財団法人河村芳邦記念青少年育成財団(略称 : 河村財団)は、公益法人制度改革による山口県知事の公益認定を受け、平成24年4月1日、これまでの財団法人河村記念社会教育財団を名称変更し設立した法人です。前身の財団法人河村記念社会教育財団は、終戦直後に、日本の復興を目指して青年団活動に身を投じ、以来、財団法人日本青年館中央理事、財団法人田澤義舗記念会理事長、山口県連合青年団団長、防長青年会館(パルトピアやまぐち)理事長などの要職を歴任する中で、約半世紀もの間、社会教育、青少年の育成に取り組み、その功績で文部大臣表彰を受章した河村芳邦氏(故人)が、晩年、時代の進展の中で、激動する社会に力強く対応し、豊かな心の創造と国際社会にも貢献できる人材の育成を痛感し、平成6年3月25日、ふるさと山口市に私財を投じて設立しました。また、故人は、ペルー共和国名誉領事として日本とペルー両国間の親善交流に努める中で、吉田松陰先生の教えとも重なる「国づくりは 人づくり」のスローガンを掲げ学校建設を進める当時のフジモリ大統領の政策に呼応して、山口県ゆかりの日系人たちが多く住むペルーの首都リマ市に、私財を投じ「ペルー山口学校」を建設。国内のみならず、海外においても青少年の育成に尽力しました。
 当法人は、小規模な団体ですが、その特長を生かし、山口県内で青少年の健全育成に頑張っている小さな団体、グループの活動に対し、資金助成を通じて支援しています。少額な助成ですが、ご活用ください。